グッズ購入時の注意

悪い運気も寄せ付けるスピリチュアルグッズはまだ買わない

スピリチュアルグッズの中には強大な力が宿っていることがあり、それを置いているだけで逆に不幸に見舞われるという事例が多々あります。例えば、丸い水晶玉。占い師が使っているイメージが強く、スピリチュアルグッズの典型といっても良いでしょう。
しかし、これは幸福をもたらす一方、邪気も集めやすいのが特徴です。すでに家の中が悪い運気でいっぱいな場合は絶対に置かないでください。水晶玉の購入時には、家の運気を専門家に見てもらいましょう。

継続的に利用できないスピリチュアルグッズは購入しない

せっかくスピリチュアルグッズを買っても、使用しない期間が長いと悪い運気が溜まっていきます。グッズ購入時には、自分が使いこなせそうか、継続的に使えそうかよく考えてから購入しましょう。
例えば、音を聞いて波動を浄化するための「音叉(おんさ)」。これは瞑想を行ないながら使うのですが、瞑想が面倒になって使わなくなったら音叉に邪気が蓄えられます。
久しぶりに使う時に、邪気を一気に放出してしまうかもしれません。

また、ネックレスやブレスレット、リング(指輪)にも同様の事が言えます。いくら効果が期待できるスピリチュアルグッズでも、自分の気に入らない色やデザインなら身につけなくなるでしょう。
家に置いておくだけでは良質な宇宙エネルギーを受け取ることは出来ません。自分が気に入るデザインでないのなら、そのアイテムの購入は控えた方が良いでしょう。

スピリチュアルグッズを買っていないからといって不幸になることはありません。しかし、グッズを購入して不幸になる人は世界中に大勢いるので、十分に注意しましょう。
また、すでにお分かりかとは存じますが、インチキな開運グッズや祈祷などを勧めて来る業者も山ほど存在します。もし被害を受けたら、一刻も早く専門機関に相談しましょう。